介護福祉士 華珠,blog

介護福祉士試合格の簡単勉強法や、用語解説、過去問題の紹介と日常の記録

あいづち・うなずき
おすすめテキスト コミュニケーション技術 介護福祉士過去問題 用語説明と過去問題

【傾聴】ってこんなに楽しい②~基本動作・あいづち・うなずき編~介護福祉士国家試験対策「コミュニケーション技術」

介護福祉士国家試験に出てくる【傾聴基本動作】~あいづち・うなずき~について、まとめていました。

傾聴とはかんたんに言うと、

「充分に関心を向け、利用者の心の声に耳を澄ますこと。」です。

今回は傾聴の基本動作の「あいづち・うなずき」についてかんたんに解説していきます。

傾聴の主な技法については

【傾聴】主な技法

【傾聴】ってこんなに楽しい①~主な技法編~介護福祉士国家試験対策「コミュニケーション技術」

また、コミュニケーションの分野では

バイステックの7原則が非常に役に立ちます。

バイステック(Biestek, F.)の7原則

【バイステックの⑦原則】の理解が、問題を解きやすくする。介護福祉士国家試験対策「コミュニケーション技術」

をご参考になさってください。

コミュニケーションの本質

【傾聴】って話し聞けばいいんだよね?くらいに思ってました。

今回、ご説明したものは、介護福祉士国家試験対策で、かんたんにまとめているので、一部になりますが、それでも、これだけの事がわかると、

楽しいなって思えるようになります。

むしろ、楽しんでください。

「コミュニケーションの本質は楽しむこと。」だと思っています。

【傾聴】に関する出題について

出題基準

領域:人間と社会
科目:人間関係とコミュニケーション
大項目:2 コミュニケーションの基礎
中項目:3 コミュニケーションの技法
小項目:受容・共感・傾聴

【傾聴】キーワード出題回

第31回問題28
第28回問題33
第26回問題39

傾聴というキーワードが出てきた回は上記の通りで、2~3年に一回は出てきています。
第31回に出てきているので、第32回に出てくる可能性に関してはなんとも言えませんが

【傾聴】の技法を活用して解く問題

第31回問題3
第30回問題29
問題31
第26回問題37
第25回問題4

と出題されています。

受容・共感・傾聴 という技法を用いて、コミュニケーションをとるという観点は問題を解く上でも、現場でもとても重要なので、しっかり頭に入れておきましょう。

現場で従事されている方には、当たり前のことかも知れませんが、改めて確認しておいてください。

うなづき・あいづちの意図

テキストなどでよく出てくる傾聴の基本動作の中で「SOLER」という言葉がありますが、その前に、第31回と、第28回、第26回に

「うなずき・あいづち」というキーワードが出てきています。

第31回問題3
第28回問題33
第26回問題39

頻出と言っても良いかと思いますので、まずはここから見ていきましょう。

介護福祉士国家試験 第31回

問題 3 Bさん(90 歳,男性)は,介護老人福祉施設に入所することになった。
一人暮らしが長かったBさんは,入所当日,人と会話することに戸惑っている様子で, 自分から話そうとはしなかった。
介護福祉職は,Bさんとコミュニケーションをとるとき,一方的な働きかけにならないように,あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけた。

このときの介護福祉職の対応の意図に当てはまるものとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。


1 双方向のやり取り

2 感覚機能低下への配慮

3 生活史の尊重

4 認知機能の改善

5 互いの自己開示



解答… 1 双方向のやり取り

POINT

選択肢の表現が、カタすぎて、

「こわいこわい、今はちょっとイイです。」

ってなりそうですよね。(笑)

試験とか、専門性が高くなると、どうしても、カタい言葉にしたがりますよね。

「一方的な働きかけにならないように,あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけた。」

というところから、あいづちの効果は

発話を引き出す効果がある

と言えます。

また、「一方的な働きかけにならないように」と言うところから

「聞いています。」、「わかります。」と伝える表現であることがわかります。
こちらは言葉は発しなくても、やり取りを行っていますよ。と言うこと。

つまり、「双方向のやり取り」を選択することができます。

一般社団法人 日本傾聴能力開発協会 代表で心理カウンセラー、傾聴講師の 岩松正史 さんのサイトに

うなずき、あいづちの主な意味と効果

<話し手側>
・ 聴いてもらえていると感じる
・ 自由に安心して話すことができる

<聴き手側>
・ 聴こうとする気持ちを行動で示す
・ 聴き手自身の中に相手の伝えたいことが印象付けらる

傾聴におけるうなずき、あいづちをいれる目的は、「一緒にいるため」です。

岩松正史公式BLOGさんより抜粋

とあります。

グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】

どのように「あいづち、うなずき」をいれていく?

たぶん、私たちは、自然にやっていることなのですが、介護福祉士閣下試験を例に、改めて、触れていきましょう。

介護福祉士国家試験 第26回

[事例] Gさん(50歳、女性)は母親Hさん(80歳)と二人暮らしである。Hさんは5年前に認知症(dementia)と診断され、通所介護(デイサービス)を利用している。
Gさんの兄は、Gさん宅から車で1時間の場所に住んでいるが、仕事が忙しいという理由で、Hさんの介護は行っていない。
この1週間、Hさんは深夜に家の中を歩き回り、ドアを叩くので、Gさんは眠ることができない。
次の記述は、通所介護(デイサービス)の介護職とGさんの会話である。

介護職 :「Hさんは、今日、デイサービスで眠そうで、寝て過ごすことが多かったです」
Gさん :「それで、母を起こしてくれましたか」
介護職 :「起こしましたが、すぐ寝てしまいました」
Gさん :「デイサービスを利用しているのだから、昼間は眠らないようにしてくれないと、私が困ります。母から夜に何度も起こされるので私は眠れません。兄は、私が介護で大変なことを少しもわかってくれない。皆さんも私の大変さをわかってくれないのですね」

問題39 話を傾聴していることがGさんに伝わりやすい会話の仕方として、最も適切なものを1つ選びなさい。 


1 . Gさんにいすを勧め、立って話を聴いた。

2 . Gさんが話している時、目を閉じて話を聴いた。

3 . Gさんの話す言葉を、正確に記録することに集中した。

4 . Gさんに対面していすに座り、顔をまっすぐ見つめながら話を聴いた。

5 . Gさんの話を、時々うなづいたりあいづちを打ちながら聴いた。



解答… 5 . Gさんの話を、時々うなづいたりあいづちを打ちながら聴いた。

その他の選択肢については、【SOLER】に関わるのでそちらで、解説いたします。

ときどき、うなずいたり、あいづちを打つことは、

話しに関心を持っている
内容を理解している

ことを示します。

ポイントは「ときどき」です。

ちょっと頭に入れておきながら、次の問題に挑戦しましょう。

介護福祉士国家試験 第28回

問題33 傾聴の技法として、最も適切なものを1つ選びなさい。 


1 . 最初に客観的事実を確認してから聴く。

2 . 相手の言葉を妨げないで、じっくり聴く。

3 . 相手の目をじっと見つめながら聴く。

4 . 早い動きでうなずきながら聴く。

5 . 解決策を提案しながら聴く。



解答… 2 . 相手の言葉を妨げないで、じっくり聴く。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-18.png です

傾聴は「うなずき」ね!で選んじゃうと、不正解。

先ほどの「ときどき」は覚えていますか?

問題の選択肢は

「4 . 早い動きでうなずきながら聴く。」ですよね。

話しの途中、目の前にこれをやる人いたら、だいぶイヤ。
「聞いてます?」「わかってます?」ってなります。

なので、早いうなずきは消去できるわけです。

問題の解説していくと、

1は最初から客観的事実を述べるってことは、話し聞く気あります?ってことで、

3は、これもまた、【SOLER】で解説しますが、これは、話す側としては、緊張しますよね。

5は「とりあえず、最後まで話し聞いてよ」ってこと。

で、1、3、4、5は消去。

これで解くことができます。

記事の最後に

過去問題を見てみると、「うなずき、あいづち」という言葉が、見られたので、一記事にしてみました。

私は、十数人の前で、お話しをさせていただく機会があるのですが、その時も、うなずいたり、あいづちをうってくださる方がいると、安心して、お話しができます。

ただ、そういう場所は話す時間が限られていることがほとんどですが、安心しちゃうと、話しすぎて、時間を越えてしまうということがあります。

聞いてくれている方々には、「聞いてくれてありがとう」と、「延びてごめんなさい」という感じになります(笑)

つまり、コミュニケーションの上で、適切な「うなずき、あいづち」は相手の話しを引き出すのに、非常に効果があるってことです。

振り返ってみれば、聞き上手の方って、 「うなずき、あいづち」 がうまいなあと思いましたね。

喜ばれる出産祝いに、ふとんクリーナーレイコップ

心的余裕

現場でも、最も重要だといええるのは、やはりコミュニケーションだと思います。

コミュニケーションが取れれば、その方をより深く知ることができますし、より、心を寄せることができます。

それは、よりよいケアにつながると考えています。

そのコミュニケーションをとる上で、重要なのが心的余裕だと、私は思いますし、そう思っている方も多いはず。

「人手不足で、話しをまともに聞いて上げられない。」
「業務外で自分の時間を削って、お話しを聞く。」
「業務外の時間で、会社から頼まれた時間じゃないから、残業代はもらえない。」

このような状況で、心的余裕ができるでしょうか?

できる方もまあ、いますよね。
すごい方だなと、尊敬します。

でも、ほとんどの方はそうではないはずです。

そんな状況で、自分の理想とはどんどんかけ離れて、介護をイヤになって辞めてしまう。

会社にはここに目を向けて欲しいと思いますし、自分が経営するのであれば、重要視して、経営します。

最後に、記事内の過去問題に再挑戦してみましょう。

介護福祉士国家試験 過去問題に再挑戦

介護福祉士国家試験 第31回

問題 3 Bさん(90 歳,男性)は,介護老人福祉施設に入所することになった。
一人暮らしが長かったBさんは,入所当日,人と会話することに戸惑っている様子で, 自分から話そうとはしなかった。
介護福祉職は,Bさんとコミュニケーションをとるとき,一方的な働きかけにならないように,あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけた。

このときの介護福祉職の対応の意図に当てはまるものとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。


1 双方向のやり取り

2 感覚機能低下への配慮

3 生活史の尊重

4 認知機能の改善

5 互いの自己開示



解答… 1 双方向のやり取り

介護福祉士国家試験 第26回

[事例] Gさん(50歳、女性)は母親Hさん(80歳)と二人暮らしである。Hさんは5年前に認知症(dementia)と診断され、通所介護(デイサービス)を利用している。
Gさんの兄は、Gさん宅から車で1時間の場所に住んでいるが、仕事が忙しいという理由で、Hさんの介護は行っていない。
この1週間、Hさんは深夜に家の中を歩き回り、ドアを叩くので、Gさんは眠ることができない。
次の記述は、通所介護(デイサービス)の介護職とGさんの会話である。

介護職 :「Hさんは、今日、デイサービスで眠そうで、寝て過ごすことが多かったです」
Gさん :「それで、母を起こしてくれましたか」
介護職 :「起こしましたが、すぐ寝てしまいました」
Gさん :「デイサービスを利用しているのだから、昼間は眠らないようにしてくれないと、私が困ります。母から夜に何度も起こされるので私は眠れません。兄は、私が介護で大変なことを少しもわかってくれない。皆さんも私の大変さをわかってくれないのですね」

問題39 話を傾聴していることがGさんに伝わりやすい会話の仕方として、最も適切なものを1つ選びなさい。 


1 . Gさんにいすを勧め、立って話を聴いた。

2 . Gさんが話している時、目を閉じて話を聴いた。

3 . Gさんの話す言葉を、正確に記録することに集中した。

4 . Gさんに対面していすに座り、顔をまっすぐ見つめながら話を聴いた。

5 . Gさんの話を、時々うなづいたりあいづちを打ちながら聴いた。



解答… 5 . Gさんの話を、時々うなづいたりあいづちを打ちながら聴いた。

喜ばれる出産祝いに、ふとんクリーナーレイコップ

介護福祉士国家試験 第28回

問題33 傾聴の技法として、最も適切なものを1つ選びなさい。 


1 . 最初に客観的事実を確認してから聴く。

2 . 相手の言葉を妨げないで、じっくり聴く。

3 . 相手の目をじっと見つめながら聴く。

4 . 早い動きでうなずきながら聴く。

5 . 解決策を提案しながら聴く。



解答… 2 . 相手の言葉を妨げないで、じっくり聴く。



みなさんおつかれさまでした。
いつもお読みいただきありがとうございます。

介護福祉士 華珠, プロフィール

おすすめテキスト

法改正の部分は正直、独自に調べるのは難しい。
解りやすく、学びやすくしてくれています。

成美堂出版の回し者ではないのですが、本のタイトルで手に取るものが、たまたま成美堂出版の本で、うちには何冊もの成美堂さんがあります。

ずぼらの私には要点まとめとかかかれてしまうと、手に取ってしまいます(笑)

問題集や、過去問、やるときに、びしっとまとまってますし、オールカラーで、まあ、大きいですけど、その分見やすいので、参考書というか、図鑑みたいな感じですね。一冊あると便利です。
1~2年前の中古でも全然いいと思います。

最後に、今回の記事で参考にさせていただいた、岩松さんの著書もご紹介させていただきたいと思います。

傾聴力はAI、テクノロジーにもとって変わっていくと思いますが、実際のコミュニケーションは、やはり人間同士がいい。

話しを聞いてもらうときも、相手がどんなことを思って聞いてくれているのかな?とか、表情とか、温かみを感じられるのは、人間だからかなって。

本を読めば身につくわけではないと思いますが、この先の時代、こういった勉強を続けるは非常に重要なのではないかと思います。

スポンサーAD
【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】

家づくりで損しないために【持ち家計画】

【WOMORE(ウーモア)】

【りらくる】

【ワールド・オブ・タンクス】

初心者でもプロ並みの動画制作ができちゃう【iSofter】

マジッククリスタルは全12色

1 コメント

  1. ピンバック: 2020年介護福祉士国家試験対策【出題傾向とポイント】② | | 介護福祉士 華珠,blog

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。