介護福祉士 華珠,blog

介護福祉士試合格の簡単勉強法や、用語解説、過去問題の紹介と日常の記録

介護福祉士過去問題

生活保護制度の要点①【4つの基本原理】

介護福祉士国家試験

過去問題に挑戦

第28回(平成27年度)

生活保護制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 .生活保護で保障される最低限度の生活は、健康で文化的な生活水準を維持することができるものでなくてはならない。
2 .生活保護は、利用しているサービス事業所の担当者が本人に代わって申請することができる。  
3 .生活保護は、世帯を分離して実施することはできない。  
4 .自分の家や車を所有している人は、全て生活保護の対象とならない。 
5 .年金や稼働収入がある高齢者は、全て生活保護の対象とならない

生活保護制度の原理・原則

基本原理

生活保護法では生活保護の基本原理4原則を定めている。


国家責任の原理
無差別平等の原理
最低生活保障の原理
保護の補足性の原理

国家責任の原理とは、必要最低限の生活を保障すること。
無差別平等の原理とは、すべての国民が無差別平等に保護を受けられること。
最低生活保障の原理とは、健康的で文化的最低生活保障すること。
保護の補足性の原理とは、生活困窮者の資産・能力を活用しなければなた内ということ。

第28回(平成27年度)

生活保護制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 .生活保護で保障される最低限度の生活は、健康で文化的な生活水準を維持することができるものでなくてはならない。
2 .生活保護は、利用しているサービス事業所の担当者が本人に代わって申請することができる。  
3 .生活保護は、世帯を分離して実施することはできない。  
4 .自分の家や車を所有している人は、全て生活保護の対象とならない。 
5 .年金や稼働収入がある高齢者は、全て生活保護の対象とならない

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。