障害の理解

介護福祉士過去問題

痙直型や不随意運動型などの分類がある疾患として,正しいものは?【特徴の理解と区別】

今回は第33回 介護福祉士国家試験 障害の理解に出てきた問題に挑戦してみましょう。介護福祉士国家試験では、疾患や障害の特徴を理解し、区別できているか問われる問題がよく出てきます。 各疾患や障害について、大まかにでも区別できていれば、簡単に解ける問題です。痙直型や不随意運動型(アテトーゼ型)などの分類がある疾患
介護福祉士過去問題

【試験によく出る】筋ジストロフィーの病態について,適切なものは?

介護福祉士国家試験の障害の理解には筋ジストロフィーも、よく出てくるワードです。直近では、第33回では特徴について出題されており、第32回では、その他の疾患との特徴の区別が分かっていないと解けない問題が出ています。 第34回でも出てくる可能性が高いので、押さえておくべきだと思います。…筋ジストロフィーの病態について
4つの領域

リハビリテーションの定義で 「利き手の交換」該当するものとして,適切なものは?

こんにちは介護福祉士の華珠,です。介護福祉士国家試験に出てきた問題に挑戦してみましょう。 最初は分からなくて当然なので間違ってもいいので考えすぎずに解答を見てしまいましょう。くり返し解く事で必ず身につきますよ!世界保健機関(WHO)によるリハビリテーションの定義で 「利き手の交換」が該当するものとして,適切なもの
タイトルとURLをコピーしました