介護福祉士過去問題

介護福祉士過去問題

痙直型や不随意運動型などの分類がある疾患として,正しいものは?【特徴の理解と区別】

今回は第33回 介護福祉士国家試験 障害の理解に出てきた問題に挑戦してみましょう。介護福祉士国家試験では、疾患や障害の特徴を理解し、区別できているか問われる問題がよく出てきます。 各疾患や障害について、大まかにでも区別できていれば、簡単に解ける問題です。痙直型や不随意運動型(アテトーゼ型)などの分類がある疾患
介護福祉士過去問題

脊髄損傷による対麻痺、日常生活が車椅子の方の褥瘡の好発部は?試験に出る【脊髄損傷】

こんにちは介護福祉士の華珠,です。今回は第33回 介護福祉士国家試験 障害の理解に出てきた【脊髄損傷】に関する問題に挑戦してみましょう。 脊髄損傷に関する問題 介護福祉士国家試験の障害の理解に、【脊髄損傷】に関する問題...
介護福祉士過去問題

「対麻痺を生じる疾患として,最も適切なものは?」 試験に良く出る【脊髄損傷】 

今回は第31回 介護福祉士国家試験 障害の理解に出てきた 【脊髄損傷】に関する問題に挑戦してみましょう。直近では、第33回では脊髄損傷そのものの特徴が出題されており、第32回、第31回では脊髄損傷とその他の疾患との特徴の区別が分かっていないと解けない問題が出ています。 第34回でも出てくる可能性が高い!
タイトルとURLをコピーしました