介護福祉士 華珠,blog

介護福祉士試合格の簡単勉強法や、用語解説、過去問題の紹介と日常の記録

介護福祉士過去問題

【障害者総合支援法】の要点まとめ 介護福祉士国家試験対策 「社会の理解」

介護福祉士国家試験に出る、【障害者支援法】の要点をまとめました。

この記事は、

を基に、記事作成しています。

障害者総合支援法の理念と対象

障害者総合支援法の理念

POINT
  1. 個人の尊重
  2. 共生社会の実現
  3. 社会参加の機会の確保
  4. 社会的障壁の除去

ここでいう個人とは

障害の有無に関係なく、等しく

基本的人権

を持っているかけがえのない個人を意味します。

障害者の定義

POINT

障害者支援法での障害者の定義は

  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者(発達障害を含む)
  • 難病のなどの患者

    である者のうち18歳以上のであるもの。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-11.png です

18歳未満は障害児と定義されます。

障害者総合支援法に基づくサービス

障害の種別に関わらず、必要なサービスを

総合的・計画的に実施します。

財源

財源は全額公費になります。

サービス内容

「サービス」=「給付」

POINT

サービス内容は

  • 自立支援給付
  • 地域生活支援事業

の2つで構成されます。

自立支援給付

自立支援給付には5種類あります。

POINT
  • 介護給付
  • 訓練等給付
  • 自立支援医療
  • 補装具
  • 相談援助

介護給付

生活または療養する上で
必要な介護」を受けたときに支給。

介護給付に関しては

障害福祉サービス【介護給付】理解への近道。
介護福祉士国家試験対策「社会の理解」

をご参考になさってください。

訓練等給付

「就労

につながる支援などを受けた場合に支給。

訓練給付については

3つだけでも覚えて欲しい。障害福祉サービス【訓練等給付】
介護福祉士国家試験対策「社会の理解」

をご参考になさってください。

自立支援医療

「医療費

の自己負担軽減策として、医療を受けた場合に支給。

昔の更正医療・育成医療・精神通院医療を統合したもの。

補装具

補装具を購入・修理・レンタルをした場合に

「補装具費」として支給。

相談援助

相談援助には3種類あります。

相談援助の種類
基本相談支援
計画相談支援 サービス利用支援のための
地域相談支援 地域移行支援と地域定着支援のための

地域生活支援事業

地位生活支援事業には2種類あります。

POINT
  • 市町村地域生活支援事業
  • 都道府県地域生活支援事業

市町村地域生活支援事業

市町村地域生活支援事業にはいくつか種類があります。

市町村地域生活支援事業
相談支援 虐待防止のための
意思疎通支援 手話通訳者等を派遣する
移動支援 外出のための
日常生活用具給付
成年後見制度利用支援
…など

都道府県地域生活支援事業

都道府県地域生活支援事業にもいくつかの種類があります。

都道府県地域生活支援事業
専門性の高い相談支援高次脳機能障害など
市町村相互間の連絡調整意思疎通支援を行う者の派遣に係る
…など

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-11.png です

市町村相互間の連絡調整は

市町村または都道府県域を


越えた広域的な派遣を


円滑に行うため
市町村間では派遣調整ができない場合
都道府県が行う事業。

グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】

介護給付と訓練等給付

介護給付と訓練等給付は自立支援給付の中にあります。

受付・申請

障害福祉サービスを利用するには

実施主体である『市町村』に
本人や家族が『申請』をします。

介護給付を利用するには

障害者支援区分の認定を受ける必要があります。
( 介護保険制度でいう要介護・要支援認定 )

障害者区分認定を受ける

障害者支援区分

  • 必要とされる支援の度合い
  • 区分は1~6

訓練等給付を利用する場合は障害支援区分認定は行われません。

介護給付障害者支援区分の認定を受ける
訓練等給付 障害者支援区分の認定を受けない

サービス等利用計画案の作成

障害福祉サービスを利用するためには

サービス等利用計画の作成が必要です。
(介護保険制度でいうケアプラン)

サービス等利用計画の作成は、相談支援専門員が作成します。

利用者の自己負担

利用者の自己負担は

応能負担が原則です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-11.png です
自己負担の種類
応能負担収入が多いか少ないかの負担能力に応じて支払う。
応益負担同じ割合の定率負担で支払う。
(介護保険制度では応益負担が適用されます。 )

障害福祉サービス利用の流れ

介護給付と訓練等給等利用の流れは以下のようになります。

受付・申請
介護給付 障害支援区分の認定
サービス等
利用計画案
作成
訓練等給付
支給決定
サービス担当者会議
支給決定時の
サービス等
利用計画
サービス利用
自立支援給付
支援決定後の
サービス等
利用計画

最後に

テキストを参考に頻出問題の要点だけをまとめました。

本番までの期間が短い場合、要点だけでも押さえていきましょう。

そして、毎日、過去問と一問一答に挑戦し、繰り返し同じ問題に触れていましょう。

悩んでいる時間はもったいない

本番ではないので、わからなくてもいいですし、間違ってもいいです。

ポイントは

問題を見てわからなければ、すぐに答えを見ること。
そして
問題を見て瞬間的に答えがわかるまで、
繰り返し問題を解くこと。
です。

悩んでる時間はもったいないです。

たくさんの問題を浴びるようにして、
身体に注いで、自分のものにしてください。

正直、試験が終わったら忘れてしまうかもしれませんが、忘れてしまっても、必要なときに必要な情報をその都度引き出せばいいと思います。

今は、必要な情報が簡単に検索できるありがたい時代です。

何で介護福祉士試験を受けようと思いましたか?

なのに、何のために勉強しているんだろう?

と思うことがあるかもしれませんが
介護福祉士という資格を取るというのは

ある目的のための手段です。

ある目的っていうのは

みなさんそれぞれ違うと思います。

なんで勉強しているんだろう?と迷ったときは

介護福祉士をとったら何をしたいんだっけ?

を思い出してみてください。

お給料アップのため
キャリアアップのため
誇りのため
自己研鑽のため

いろいろあるかと思います。

モチベーションを上げるために、改めて考えてみてもいいかもしれませんね。



みなさんおつかれさまでした。
いつもお読みいただきありがとうございます。

介護福祉士 華珠, プロフィール

おすすめテキスト

法改正の部分は正直、独自に調べるのは難しい。
解りやすく、学びやすくしてくれています。

成美堂出版の回し者ではないのですが、本のタイトルで手に取るものが、たまたま成美堂出版の本で、うちには何冊もの成美堂さんがあります。



ずぼらの私には要点まとめとかかかれてしまうと、手に取ってしまいます(笑)

こちらのテキストは

確かに、出題頻度の高いキーワードをピックアップしていますので、

効率よく勉強ができると思います。

しかし、より頭に定着させるには、過去問題も一緒に解くことです。

問題集や、過去問、やるときに、びしっとまとまってます。

オールカラーで、まあ、大きいですけど、その分見やすいです。

参考書というか、図鑑みたいな感じですね。

わからないキーワードがあったときに、索引ですぐに調べられますし、わかりやすくまとめられていますので、とっても便利です。

1~2年前の中古でも全然いいと思います。

スポンサーAD
【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】

家づくりで損しないために【持ち家計画】

【WOMORE(ウーモア)】

【りらくる】

初心者でもプロ並みの動画制作ができちゃう【iSofter】

マジッククリスタルは全12色

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。